弥勒霊廟(納骨堂)

弥勒菩薩の救済を
弘法大師と共に
はじめに
平成5年 葬儀会館廣済殿を建⽴。
それまで各家庭や集会場などで執り⾏われていた葬儀式が、都⼼部では⽣活様式の変化 により専⽤施設で執り⾏われるようになっていました。越⾕市でも都市化が進み必ず⽇ 常になると考え、地元ではいち早く⼤型の葬儀会館を建⽴しました。今ではたくさんの 葬儀会館が建ち、これがあたり前となっています。
そこで当会館は今後の多死社会到来と墓地の多様化をふまえ、葬儀会館を1700個以 上の納⾻壇が備わる納⾻堂に改築することにしました。平成22年エターナルプレイス 越⾕・⼤悲霊廟を建⽴。平成23年の東⽇本⼤震災を乗り越え、平成30年にはすべて の壇の申込が終了となりました。
申込み終了後も数多くの問い合わせをいただき、また多死社会による東京近郊都市部の 墓地不⾜がいよいよ表⾯化し、それらに応えるため⼤悲霊廟隣接の駐⾞場に新たな納⾻ 堂の増築を計画。令和2年1⽉ 納⾻堂「弥勒霊廟」を建⽴するはこびとなりました。 ⼤悲霊廟・弥勒霊廟は埼⽟東部地区で唯⼀の⼤型納⾻堂で、越⾕市の納⾻堂経営許可認 定1号を受けています。
弥勒霊廟は4300以上3種類の納⾻壇を備え、個⼈だけでは無く、お墓としてご家族 で利⽤することが可能です。
⼤悲霊廟は葬儀会館だった建物を改築した為に、使⽤にご不便をおかけしたところもござ いましたが、それらの不便性も改善し、より使いやすく安全な霊廟が誕⽣しました。
想い
「はじめに」で述べましたとおり、多死社会による墓地不⾜の解消、墓地の多様化にお 応えするために建⽴されたのが弥勒霊廟です。
5階建て、2階から4階は普通壇、5階に⼤型壇、各階本尊脇特別壇の3種類を備えて います。1階エリアは受付、ギャラリー、休憩、キッズスペースがあり、ご家族みなさ までお過ごしいただける場所となっております。
外観正⾯が塔婆をモチーフに各階には梵字が配され、それによりテーマと⾊が決まって います。梵字は5階からキャ・カ・ラ・バ・アと読み、空(緑)・⾵(紫)・⽕ (⾚)・⽔(⽩)・地(⻩)の仏教の五⼤思想を現しています。各階の納⾻壇の扉絵も この思想から発想したものです。
納⾻壇の志納⾦は10万円からとなり、たくさんの⽅々にご利⽤いただけるようにと考 え設定をいたしています。ご使⽤は33年を⼀区切りとして地蔵院墓苑内にある釈迦涅 槃像の久遠墓に合祀いたします。延長することも可能です。2代、3代その先まで永くご使用ください。毎年の護持費をお納めいただきますが、初年度33年全額納⼊の⽅には割引を適⽤させていただきます。ご⼼配事やご不明点などもぜひお気軽にご相談ください。
御本尊
各階本尊は弥勒霊廟の名前から由来し、5階・弥勒菩薩、4階・虚空蔵菩薩、3階・弘 法⼤師、4階・⼦安地蔵となっています。
すべての仏像は京都仏師、櫻井仏像彫刻⼯房様(https://www.sakuraibustu.com)に彫 刻いただいています。
5階の弥勒菩薩は⾝丈座三尺、全⻑⼆㍍と令和8年完成を⽬指し制作中です。
弘法⼤師・空海は今でも⾼野⼭の奥の院にて究極の修⾏をおこなっています。弥勒菩薩 は釈迦如来⼊滅後の56億7000万年後に、兜率天よりこの世に出現し衆⽣を救済す ると⾔われており、空海はこの時に修⾏を終え、弥勒菩薩と⾏動を共にすると伝えられ ています。
また若かりし頃、⾼知県室⼾崎にて「虚空蔵求聞持法」と⾔う苦⾏をおこない、虚空蔵 菩薩の⾝代りである明けの明星が空海の⾝体に⼊ったと⾔われており、これらの話から 弥勒霊廟各階本尊が安置されました。
5階の弥勒菩薩を⼤本尊とし、4階虚空蔵菩薩が第⼆本尊。3階の空海像は他の空海像 と違い、そこに納まる御霊を合掌した空海が真⾔を唱え供養します。2階の⼦安地蔵は 地蔵院⽔⼦供養堂「福⼦地蔵」の元になる御像です。⼦を抱いた地蔵菩薩が、⼦を⾒つ める⺟親の慈しみを現した特別の御像です。
襖絵、納⾻壇扉絵
各階本尊襖絵、並びに納⾻壇扉絵は京都絵師・冬奇⽒
https://eshi-fuyuki.jp)が⼿がけたものです。
納⾻壇扉絵は仏教の五⼤思想をモチーフに描かれました。
5階空は太陽と⽉、4階⾵は⾵神が花の中遊ぶ、3階⽕は迦楼羅、
2階⽔は波と⿓です。
to top